下着姿の女性

マスコミの圧力に風俗は屈しない

ヒップ

とある女性がデリヘルの求人を見て働きはじめた。そして、それからしばらくしてオリンピックの日本代表に選ばれたとする(競技は何でもいい)。さぁいよいよ本番が近付いたという時、過去にデリヘル嬢だった事実が週刊誌にスクープされてしまった。彼女は代表を辞めなくてはならないのだろうか?

その判断は今やメディアの報じ方次第になっている。彼らが構わないと言えばそうなるし、辞めさせろと言えば圧力をかけられ辞めなければならない状況に追い込まれるだろう。

こんな事でいいのか?横になって柿の種を食べている場合ではない。これは1人の女性の努力が無駄になるだけでなく、風俗という仕事に対する差別でもあるのだ。彼女が風俗嬢になって誰が損をしたと言うのか?今こそ我々は大きな声で彼女にオリンピックに出て下さいと言うべきなのだ。

同業者は特に熱心に支援して欲しい。ここで屈したらマスコミのやりたい放題を許す事になってしまう。それは即ち風俗業界の敗北とも言える。宣戦布告されたのだから徹底抗戦して勝利して欲しい。

みんなの努力が実り無事出場出来たら、その結果に関わらず視聴者を感動させるはずだ。彼女のオリンピック出場は風俗がマスコミに勝利した瞬間でもあるからだ。

デリヘル・ホテヘル・ソープ求人への応募

デリヘルやホテヘル、それにソープランドの求人募集に対して、応募をおこなうさいに注意することについてですが、やはり「あやしいお店には手を出さないこと」です。…

座っている女性

大阪のデリヘル求人はたいてい日払い

デリヘル求人の特徴は、日給です。月給とは違います。そもそも求人広告の給料の形態というのは、様々なものがありますね。日払いや月払いや週払いなど様々な…

ヒップ
TOP